に投稿

マイケル・ジョーダン

こんにちは
ちゃりです。

今日は、バスケットボールの神様ともいわれ、15年間の選手生活で得点王10回、年間最多得点11回、平均得点はなんと30.12点でNBA歴代1位を獲得した人物でもあるマイケル・ジョーダン氏の格言を紹介します。

彼が語った格言の1つに興味深いものがありました。

私は大事なショットを外した後のことなんて考えたことがない。

もし考えたならいつも悪い結果を思ってしまうからさ。

出来ると思い込むことの大事さを説いた格言です。
みなさんは、思い込みの力が強い方ですか?

私は、もともと悪い方に思い込みが激しい人でした。

何か新しいことをするときに、失敗するんじゃないか、上手いこといかないのではないかと、出来ないことをずっと考えていました。

しかし、嶋村氏にその考え方では人生は良くなりにくいと言われました。
更に、出来ると思い込むことは後天的につくることが出来るとも教わりました。

そして、嶋村氏から学んだことを実践するなかで、徐々に「意識して出来ると思い込む」ことが出来るようになりました。

今回は、思い込むことの大切さと、実際にどのようにして思い込むことが出来るのか、嶋村氏から教わったことを紹介していきます。

1、脳は思い込んだ通りの結果を出す

脳の構造上、思い込んだ通りにモノゴトは進むものと教わりました。

というのも、そうなると思っているから、それ以外の結果になったとしても「過程」と捉えて進むからだそうです。

例えば、甲子園で優勝することばかり考えているとします。

そうなると、普通に考えたら勝てない状況だとしても諦めないはずで、どうすれば逆転出来るかを常に考えるでしょう。

反対にメンバーを集めて公式戦に出場することが目標になら、同じ状況になったとき気の持ちようが違うようになり、結果が変わってくる可能性が高くなります。

それほどに、思い込む力は結果に大きく関わってくるのです。
では、次にどうして思い込みの力を付けていけばいいのか紹介します。

2、簡単なことで出来る信念をつけよう

では、思い込むにはどうすればいいかというと、出来たという経験を積むことだと教わりました。
簡単なことでもいいので結果が出るまで継続することが重要になります。

例えば、朝早く起きることでもいいし、毎日数分読書をすることでもいいでしょう。

そうして、自分は決めたことをできるのだという信念をつけていくことにより、自分は出来るのだと思い込めるようになっていくのです。

3、脳内シュミレーションでワクワクしよう

思い込むときにオススメなのが、ワクワクするシュミレーションをすることが大事だと教わりました。

有名な話ですが、フィギュアスケート選手の羽生結弦氏が2014年ソチオリンピックに向かう飛行機で泣いていたそうです。

何故泣いていたかというと、脳内シュミレーションで最高の演技ができ金メダルを取れて感動したからだそうです。

その後、実際に金メダルを取っています。

このように、最高のイメージを脳内に張り付かせることで、一種の自己暗示のように自分に言い聞かせることも、思い込む上で重要になってくるので、是非ワクワクすることを脳内でシュミレーションしてみましょう。

さいごに

出来るように思い込むことで、今より良い結果になる可能性を大いに秘めているのです。

人生そのものが変化する可能性が十分に秘めているので、是非小さなことでもいいので継続して、自分は出来るのだと思い込むようにすることをオススメします。

に投稿

吉田松陰

こんにちは
ちゃりです。

今日は私塾「松下村塾」にて、のちの明治維新においての重鎮たち(高杉晋作氏、伊藤博文氏、久坂玄瑞氏など)に多くの影響を与えた人物である吉田松陰氏の格言を紹介します。

彼が語った格言の1つに興味深いものがありました。

『一日一字を記さば一年にして三百六十字を得、一夜一時を怠らば、百歳の間三万六千時を失う。』

継続の大事さを説いた格言です。

社会人になった今、何か継続して誇れるものはありますでしょうか?

私は部活を頑張っていた、学校で皆勤賞をとっていたと誇れるものは全て過去でした。

社会人になってから胸を張れるものがありませんでした。

そんなときに嶋村氏と出会い、継続することは、仕組みがあれば誰でも出来る可能性があると教わりました。

そして継続から習慣にすることが、人生を形成する上で非常に重要な要素になってくるとも教わり、早起きや、寝る前の読書などはアラームをセットするなどして仕組化し、習慣化することに拘っています。

実際に、一流の人ほど習慣にすることを大切にしているそうです。

では何故、そこまで習慣を大切にするのか、どうすれば継続できるのか、嶋村氏に教わったことを紹介します。

1、継続すると習慣になる

人は3カ月繰り返すことで習慣化できると教わりました。

もちろん習慣になるまで大なり小なり差はありますが、3カ月間継続するとだいたい身につくようになります。

継続し習慣化すると、後は自動的にこなすことが出来るようになるのです。

例えば、寝る前に歯を磨かなかったら、家に帰って手洗いうがいをしなかったら、お風呂やシャワーを浴びない日があれば違和感を感じるでしょう。

その違和感は習慣となっているからだと教わりました。

やらないと気持ちが悪いと思えるまで継続することで、自分の血肉となるのです。

逆に悪い習慣も継続することで、身についてしまうので要注意です。

なので、朝早く起きる、読書をする、筋トレやダイエットをする、何でもいいのでやらないと気持ちが悪いと思えるまで継続することをオススメします。

2、仕組みを作る

習慣とする上で大事なことは、仕組み作りです。

新しいことを始めるときは、なかなか長続きしないことが多いでしょう。

というのも人の性質上、変化を恐れたり、もとに戻ろうとする反応が起こってしまうからだと教わりました。

なので、仕組みを作ることが大事になってくるのです。

例えば、筋トレするのなら1人でやるよりも、友達と約束した方が長続きするでしょう。

パーソナルトレーナーを付けた方が更に効率は良くなるはずです。

このように、行動しないといけないような状況を作り出すことが大事になると教わりました。

なので、新しく物事をスタートするときは、先に仕組みを作ることをオススメします。

3、楽しいことを想像する

継続する上で大事な要素として、ワクワクすることを考えることが挙げられます。

というのも、嫌々継続するものは、なかなか長続きせず身につきにくいものです。

なので、習慣となったあとにワクワクする未来を想像することが重要となってくるのです。

例えば、筋トレを例に上げると、筋トレという行為自体は辛いかもしれません。

しかし、その後にモテモテになったり、今以上に健康的に、元気に活動できるようになるとイメージするとどうでしょう。

前向きになり、普通にやっているときよりもやる気がでるようになるのではないでしょうか。

このように、将来にワクワクすることが継続していくコツにもなるので、まずはこうなれば楽しいという未来と今の行動を結び付けることをオススメします。

さいごに

1つでもいいので習慣にすると、自信もつき、これからの人生を自分がよりよくなることは

間違いないので、是非良い習慣を形成して、素晴らしい人生を作っていきましょう。