社会活動

チャリティ活動など、社会活動を通じて社会貢献することは投資家の義務だと思っています。

嶋村吉洋が感銘、影響を受けた社会活動されている方々の名言です。

事業・起業

ワクセルの主催者・嶋村吉洋氏も好きな映画『海賊とよばれた男』に関する格言①

『出光は石油業というような些事をやっているのではない、出光の真の目的は人間が真に働く姿を現わして、国家社会に示唆を与えよ。』今回は映画プロデューサーである嶋村吉洋氏が好きな映画『海賊とよばれた男』のモデルとなった出光興産の創業者・出光佐三の格言を紹介します。
原理原則

障がいを持つ子どもたちに希望を見せ続けるプロ車いすランナー・廣道純の格言

『「明日でええ」「来年でええ」というのは絶対なしにしよう。そのとき、そのとき、やるべきことに真剣に打ち込み続けていれば、なにが起こっても後悔しなくてすむ。』今回は、ソーシャルビジネスコミュニティ『ワクセル』のコラボレーターで、トークセッションとオンライン講演会に参加されたプロ車いすランナー廣道純氏の格言とワクセルの主催者であり、映画プロデューサーでもある嶋村吉洋氏からの学びを紹介していきます。
原理原則

『ザ・ヴォイス』と称された20世紀を代表する歌手フランク・シナトラの格言

『世界の反対側にいる他人も愛しましょう。なぜなら、彼らもあなたと同じだから。夢があって、希望があって、不安を抱いている。世界は一つで、私たちは皆隣人なのです』今回は、20世紀を代表する歌手のひとりであり、その卓越した歌唱力によって『ザ・ヴォイス』と称されたフランク・シナトラの経歴を紹介しながら、格言からの学びとソーシャルビジネスコミュニティ『ワクセル』主催の嶋村吉洋氏からの学びを紹介していきます。
原理原則

ワクセルのトークセッションにも参加された社会活動家・池間哲郎の格言

『最も大切なボランティアは、自分自身が一生懸命に生きること』認定NPO法人 アジアチャイルドサポート代表理事の池間哲郎氏の格言からの学びを、ソーシャルビジネスコミュニティ『ワクセル』の主催者である嶋村吉洋氏からの学びとともに紹介していきます。
事業・起業

ワクセルが目指す社会を具現化している実業家・前澤友作の格言

『起業を考えるということは、ひとや社会のことを考えるということ』宇宙旅行やお金配りなど、常にひとがやっていないことにチャレンジしている実業家・前澤友作氏の格言からの学びをソーシャルビジネスコミュニティ『ワクセル』の主催者である嶋村吉洋氏からの学びとともに紹介していきます。
一流のコンディション

闘病の経験から新たなプロジェクトを立ち上げたワクセルのコラボレーター笠井信輔の格言

『苦境に立たされた時に『引き算の縁』から『足し算の縁』へのスイッチの切り替えをうまくできる人は困難を乗り越えることができる』フリーのアナウンサーとして走り出した直後に悪性リンパ腫に罹患し、病気を乗り越えてからも自身の経験を活かし、新たなプロジェクトを立ち上げて活躍されている笠井氏の格言からの学びと、ソーシャルビジネスコミュニティ『ワクセル』主催者の嶋村吉洋氏からの学びを紹介していきます。
社会活動

ネルソン・マンデラ

『生まれたときから、肌の色や育ち、宗教で他人を憎む人などいない。人は憎しむことを学ぶのだ。もし憎しみを学べるのなら、愛を教えることもできる。愛は、憎しみに比べ、より自然に人間の心に届く。』学ぶことをやめず挑戦し続けた、ネルソン・マンデラの格言から学んだ大切なことを大きく2つにまとめました。
社会活動

ジョン・レノン

『「どんな人だって成功できる」自分にそう何度も言い聞かせ続けていれば、絶対に成功できるのです。』レノン氏は、ギネス・ワールド・レコーズで、もっとも成功したソングライティングチームの一人として紹介され、チャート1位の曲が米国で26曲というとんでもない記録を残しました。そんな彼の成功法則が秘められた格言から一緒に学んでいきましょう。
社会活動

黒柳徹子さんに学ぶ利他の心

『見て見ぬふりできないのが人間。人のために灯りを灯せば自分の前も明るくなります。人のためにしたことは自分に返ってくるということです。』これは黒柳さんがライフワークとしても取り組まれているチャリティやボランティアを想像させる格言ですね。言葉をそれぞれ掘り下げていきましょう。
タイトルとURLをコピーしました