に投稿 コメントを残す

中谷彰宏

こんにちは
ちゃりです。

今日は、2,000冊以上を手がける著作家、俳優、講演活動家である中谷彰宏氏の格言を紹介します。

彼が語った格言の1つに興味深いものがありました。

運がいい人も、運が悪い人もいない。運がいいと思う人と、運が悪いと思う人がいるだけだ。

捉え方の大切さを説いた格言です。

みなさまは、捉え方について考えたことはありますか?
わたしはまったくと言っていいほど考えたことはありませんでした。

昔はミスしたときや、間違ったときは、周りの誰かのせいにしたり、時代のせいにしたりしていました。

しかし、嶋村吉洋氏に、「その捉え方では人生は良い方向に進みにくいよ」と言っていただきました。
さらに、「捉え方を変えることは今からでもできるよ」と教わりました。

嶋村氏から学んだことを実践するなかで、徐々に捉え方が変わり、人生が良くなってきたと感じます。

今回は、捉え方の大切さと、実際にどのようにして捉え方を変えて行けばよいか。嶋村氏から教わったことを紹介していきます。

1、捉え方の癖を変えると人生が変わる

捉え方は、人生に大きな影響を与えています。
捉え方次第で、人生が180度変わるといっても過言ではないと教わりました。

たとえば、雨降っている事実をどう捉えますか?

濡れるのが嫌で憂うつになる人もいるでしょう。反対に、季節の変化を楽しんだり、土壌が潤い助かる人もいるでしょう。
科学的にも雨の音は、リラックス効果が高く、幸福ホルモンを分泌させやすいということが分かっているので、雨を喜ぶ人もいると思います。


どちらの捉え方が、人生において豊かでしょうか?
後者のほうが楽しそうではないですか?
物事をポジティブに見ることで見える世界が変わってきます。

雨の中で遊ぶ少年

2、脳の性質を理解し、二次感情で気持ちを切り替える

事実をとらえるとき、脳の動きで最初に反応するのが扁桃核だと言われており、扁桃核には好き嫌いを判断して感情をつかさどる機能があります、まずは感情について知りましょう。

感情には一次感情と二次感情があります。
一次感情は本能的な感情で、反射的に起きます。
二次感情は理性で、人間的な感情です。

たとえば、授業や講義中でお腹が減ったとしましょう。
お腹が減ることが一次感情で、昼まで我慢しようとすることが二次感情になります。

本能は絶対あるものなので、一次感情をまずは受け入れて、そのあとに二次感情で判断するといいと教わりました。

3、捉え方の癖を変える方法

嶋村氏から教わった、捉え方の癖を変えるコツを二つご紹介します。

まずひとつ目は、いろんな場面で『イイ出し』がオススメです。
イイ出しとはダメ出しの反対をしていくということです。

たとえば、好きな人と出かける日に思っているときに雨が振ってきたとします。
そこで断念してキャンセルする人もいるでしょう。反対に、雨だからこそ見える淡い夜景を探したり、家で楽しめることを探す人もいるでしょう。

ふたつ目に、ワクワクするシミュレーションをすることが大事だと教わりました。

有名な話ですが、フィギュアスケート選手の羽生結弦氏が2014年ソチオリンピックに向かう飛行機で泣いていたそうです。

なぜ泣いていたかというと、脳内シュミレーションで最高の演技ができ金メダルを取れて感動したからだそうです。

その後、実際に金メダルを取りました。

山の頂上に立つ登山者

このように、最高のイメージを脳内に張り付かせることで、一種の自己暗示のように自分に言い聞かせることも、思い込むうえで重要になってくるので、ぜひワクワクすることを脳内でシミュレーションしてみましょう。

さいごに

自分はできると捉えることで、良い結果を導く可能性を大いに秘めています。

捉え方を変えることには、人生そのものを変化させる可能性があります。ぜひ小さなことでもいいので継続して、自分はできるのだと思い込むようにすることをオススメします。

に投稿

中野祐治

こんにちは
ちゃりです。

今日は、株式会社HAPPYの代表取締役、中野祐治氏の格言を紹介します。

中野氏は会社員をやりながら、ダブルワークで起業をされ、今では、年収で億を超えている実業家です。
嶋村吉洋氏主宰のワクセルがプロデュースするビジネス書作家でもあります。

そんな中野氏の著書「億を稼ぐ人の考え方」より抜粋してこちらの名言をご紹介いたします。

『登りたい山を決め、案内人を決めよう』

シンプルですが、個人的には工夫が必要だと感じていることです。
この名言について、本の内容をなぞりつつ、わたしの体験も交えながら一緒に考えていきたいと思います。

嶋村吉洋(ワクセル主宰)の山を登るイメージ

1、登る山を自分で決める

皆さんは仕事を選ぶ際に何を基準されていますか?

わたしは「できそうなこと」を無意識に選んでいました。

中野氏は著書の中でこのように述べています。
「人生は旅行と同じ、行き先と乗り物どちらから先に決めますか?」

普通は、行き先から決めると思います。
乗り物から決めて行き先を決める人は、熱烈な鉄道ファン以外は、ほぼいないのではないでしょうか。
行き先が海外であれば乗り物は飛行機、
行き先が国内のどこかであれば乗り物は新幹線が効果的です。

中野氏は「人生にとって仕事は乗り物だ」と述べています。

自分にとって理想の生き方を実現するのに効果的な仕事をえらび、自分の能力を合わせて行くことが大切である。

このメッセージを受けてわたしは衝撃を受けました。
わたしは人生の行き先を考える前に、仕事という乗り物を選んでいたからです。

仕事選びで悩む前に、まずは自分の人生、つまりは登る山を自分で決めることが大切だと学びました。

2、一貫性をもって集中する

乗り物は仕事だけではなく、あらゆる「登り方」のことも指しています。

ここで中野氏は「一貫性をもって集中することが大切である」と伝えています。

ようは、登る山を決めて、登り方を決め、その方法で山を登り切れるのであれば、登り切るまでやり続けるということです。このときに、すぐうまく行かないからと理由をつけて、何度も登り方を変える人がいるそうですが、そういう人は、結果にしにくいと中野氏は述べています。

ダイエットに例えると、ところてんがダイエットにいい、バナナダイエットは美味しいから続けられる!いやいや糖質オフでしょう…と数々のダイエット法を少し試してみて、結果ダイエットできない方が周りにいたりしませんか。「楽して結果が出るやり方があるんじゃないか」と迷走してしまっているのです。

ダイエット中のお腹

ですから、まずは自分が決めた月収や体脂肪率といった明確な数字にして、一貫性をもって1つのやり方で集中して登り切ることが大切だと教わりました。

さいごに

わたしは努力で結果を出されている方はとことん謙虚だと感じています。

なぜなら、嶋村吉洋氏は「服のことはよくわからないし、上達しなくても聞いて素直に受け入れた方が早い」と語っており。

またわたしが嶋村氏に恐縮していると「僕に恐縮?僕だってまだまだ未熟で諸先輩方に学び続けてる、過去どこを切り取っても一番チャレンジしてるのは、今」と応えてくださいました。

上限なく成長し続けているのは「この山を登りたいから学ぶ」という、結果に貪欲で案内人から謙虚に学ぶ。この姿勢があるからではないだろうかと思います。

【参考文献】
・億を稼ぐ人の考え方 中野祐治 著
https://www.kizuna-pub.jp/book_author/yujinakano/