原理原則

自分の運命と闘い続けたベートーヴェンの格言

『人間はまじめに生きている限り、必ず不幸や苦しみが降りかかってくるものである。しかし、それを自分の運命として受け止め、辛抱強く我慢し、さらに積極的に力強くその運命と戦えば、いつかは必ず勝利するものである。』日本では『運命』として知られている『交響曲第5番』の作曲家であるベートーヴェンの「運命」に対する考え方に触れられていて、とてもおもしろい格言だなと感じ、今回取り上げました。この格言からの学びと、ソーシャルビジネスコミュニティ『ワクセル』の主催者である嶋村吉洋氏からの学びを紹介していきます。
原理原則

オリンピックで活躍した方々の格言

感染症の影響もあり開催自体に賛否の声もありましたが、多くの人が尽力し、開幕にこぎつけ、日本勢の頑張りもあって盛り上がってきているのを感じます。今回は特別編としてこれまでのオリンピックで活躍した方々の格言を紹介していきます。
原理原則

原理原則を学べるユダヤの格言

『金持ちがいくらお金を持っても、どこにつかうか見るまでは褒めてはならない』今回はソーシャルビジネスコミュニティ『ワクセル』の主催者である嶋村吉洋氏がインタビューで話されていたユダヤの格言を紹介します。ここではそもそもなぜ「ユダヤ人=お金持ち」や「ユダヤ人=ファイナンシャルリテラシーが高い」というイメージがあり、実際に成功者が多いのかをユダヤの歴史を紐解きながら、学んでいきます。
原理原則

信念を貫き女性の社会進出を後押ししたココ・シャネルの格言

『失敗しなくちゃ、成功はしないわよ』今のシャネルを見ると華やかで豪華な印象を受けますが、ココ・シャネルの一生は波乱万丈の人生でした。そんなココ・シャネルの人生にも触れながら、この格言に加えて、ソーシャルビジネスコミュニティ『ワクセル』の主催者である嶋村吉洋氏からわたしが学んできた言葉を紹介していきます。
原理原則

さまざまな苦労を乗り越えた美輪明宏の格言

『貧しい時代の苦労はお金で買えない貴重な体験。どんなに辛くても楽なほうへ逃げない。人にできない苦労ほど、いつか楽しい思い出になる。』今回は、歌手としても俳優としてもタレントとしても大活躍され、画像を待受けにすると運気が上がるとまで噂された美輪明宏氏の格言を紹介します。
原理原則

「漫画の神様」手塚治虫の格言

『人を信じよ、しかし、その百倍も自らを信じよ。』「漫画の神様」と称されながらも多くの批判にさらされ、幾度となく自分の表現を変更しながら新しいものを世に生み出してきた手塚氏の言葉と、ソーシャルビジネスコミュニティ「ワクセル」の主催者である嶋村吉洋氏からわたしが学んできた言葉を紹介していきます。
事業・起業

独立の必要性を伝え続けた「慶應義塾の創設者」福沢諭吉の格言

『独立の気力なき者は必ず人に依頼す、人に依頼するものは必ず人を恐る、人を恐るる者は必ず人にへつらうものなり。』欧米の文化を自分の目で見て学び、日本の進むべき道を示し続けた福沢氏の格言からの学びを整理していきます。
社会活動

ネルソン・マンデラ

『生まれたときから、肌の色や育ち、宗教で他人を憎む人などいない。人は憎しむことを学ぶのだ。もし憎しみを学べるのなら、愛を教えることもできる。愛は、憎しみに比べ、より自然に人間の心に届く。』学ぶことをやめず挑戦し続けた、ネルソン・マンデラの格言から学んだ大切なことを大きく2つにまとめました。
原理原則

オードリー・ヘプバーン

『死を前にしたとき、みじめな気持ちで人生を振り返らなくてはならないとしたら、いやな出来事や逃したチャンス、やり残したことばかりを思い出すとしたら、それはとても不幸なことだと思うの。』オードリー・ヘプバーンは世界的な大女優です。晩年はユニセフの親善大使を務め、多くの時間をユニセフでの仕事に捧げていました。今回は、そんなオードリー・ヘプバーンの格言に関連して嶋村吉洋氏から学んだことを紹介していきます。
原理原則

バーバラ・ブラハム

『たいていの人はほんとうになにがほしいのか、心のなかでわかっています。人生の目標を教えてくれるのは直感だけ。ただ、それに耳を傾けない人が多すぎるのです。』インターネットで調べる限りでは、バーバラ・ブラハムの情報はほとんど出てきませんが、格言集などでは頻繁にお名前を目にします。それも、多くの人がこの格言に触れ、心を揺さぶられているからなのでしょう。
タイトルとURLをコピーしました