原理原則

ソーシャルビジネスコミュニティ『ワクセル』のコラボレーター・大嶋啓介の格言

『視点が変われば未来が変わる。』今回は、ソーシャルビジネスコミュニティ『ワクセル』のコラボレーターであり、居酒屋『てっぺん』の「本気の朝礼」でも有名な大嶋啓介氏の格言を、ソーシャルビジネスコミュニティ『ワクセル』の主催者である嶋村吉洋氏からの学びとともに紹介していきます。
原理原則

『燃えよ剣』で話題の新選組!義に生きた男・近藤勇の格言

『忘れてはならぬものは恩義、捨ててはならぬものは義理、人にあたえるものは人情、繰返してならぬものは過失、通してならぬものは我意、笑ってならぬものは人の失敗、聞いてはならぬものは人の秘密、お金で買えぬものは信用』今回は、『燃えよ剣』で再度注目を浴びている新選組から、局長・近藤勇の格言とソーシャルビジネスコミュニティ『ワクセル』の主催者である嶋村吉洋氏からの学びを紹介していきます。
原理原則

嶋村吉洋氏がこよなく愛する『ゴッド・ファーザー』ヴィトー・コルレオーネの格言

『自信とは沈黙なのだよ。不安がごちゃごちゃと話させるんだ。』今回は、ソーシャルビジネスコミュニティ『ワクセル』の主催者である嶋村吉洋氏が大好きな映画『ゴッドファーザー』に登場するマフィアのボス、ヴィトー・コルレオーネの格言からの学びを嶋村氏からの学びとともに紹介していきます。
原理原則

妥協を許さない『笑いの天才』松本人志の格言

『これで完璧だと思ったことは一度もない、「もっとできるんじゃないか」とはいつも思ってるんで、「バッチリ手応えがあった」っていうことはあんまりないですね。』今回は、日本のお笑い界を引っ張り続け、常に最前線で笑いをとり続けているダウンタウンの松本人志氏の格言からの学びをソーシャルビジネスコミュニティ『ワクセル』の主催者である嶋村吉洋氏からの学びとともに紹介していきます。
一流のコンディション

強い覚悟を持って13歳で海を越えたリオネル・メッシの格言

『努力すれば報われる?そうじゃないだろ。報われるまで努力するんだ。』今回は、世界中で知らない人はいない世界最高のサッカー選手リオネル・メッシの格言を紹介していきます。最高のプレイヤーがこだわってきたことをこの格言から学び、ソーシャルビジネスコミュニティ『ワクセル』の主催者である嶋村吉洋氏からの学びとともに紹介していきます。
原理原則

お笑い・映画・芸術と多くのチャレンジをされている北野武の格言

『必死にやってもうまくいくとは限らなくてどうにもならないこともある。それが普通で当たり前だってことのほうを教えるのが教育。』お笑い界では『お笑いBIG3』として知られ、映画界では監督として世界的な成功を収め『世界の北野』と称賛されている北野武氏の格言をワクセルの主催者である嶋村吉洋氏からの学びとともに紹介していきます。
原理原則

ソーシャルビジネスコミュニティ『ワクセル』のコラボレーター・永松茂久の格言

『与えるものは魅力が増し、求めるものは魅力が減る』今回は、大分県中津市のわずか3坪のたこ焼き屋『天までとどけ。』から経営の道に進み、いまでは人財育成や出版の道でも大きな成果をつくりだしている永松茂久氏の格言をワクセルの主催者である嶋村吉洋氏からの学びとともに紹介していきます。
原理原則

世界のアニメーション界に旋風を巻き起こした宮崎駿の格言

『世の中大事なことって、たいてい面倒くさいんだよ』今回は、『風の谷のナウシカ』や『天空の城ラピュタ』、『となりのトトロ』、『もののけ姫』など、国民的な人気を博する多くのアニメを生み出してきた映画監督・宮崎駿氏の格言を紹介します。ソーシャルビジネスコミュニティ『ワクセル』の主催者である嶋村吉洋氏が、映画プロデューサーとして活動をはじめられたこともあり、前回から2回連続で映画監督の格言を取り上げました。 スティーブン・スピルバーグの格言とはまた異なる学びを紹介していきます。
原理原則

夢中でワクワクを発信し続けるスティーヴン・スピルバーグの格言

『僕は、夜に夢を見るんじゃない。一日中夢を見ているんだ。生きる糧として、夢を見ている。』今回は、『ジョーズ』や『E.T.』、『ジュラシック・パーク』など、挙げればキリがないほどの名作を世に送り出している映画監督スティーヴン・スピルバーグの格言を紹介します。キング・オブ・ハリウッドと呼ばれ、多くの人を楽しませ続けてきたスピルバーグのユニークなエピソードを紹介しながら、この格言からの学びと、ソーシャルビジネスコミュニティ『ワクセル』の主催者であり、最近映画プロデューサーとしても活動をはじめた嶋村吉洋氏からの学びを紹介していきます。
投資家

イングランド銀行をつぶした男ジョージ・ソロスの格言

『自分の思考と現実の違いを思い知らされるのは、苦い経験によってのみである』イングランド銀行をつぶした男との異名を持つ投資家ジョージ・ソロスソロスは投資家と慈善事業家のふたつの顏を持ち、政治経済に関する評論家としても活躍しており、『国境なき政治家』とも呼ばれています。 さまざまな方面で活躍し、成果をつくっている方が苦い経験から学んで今の成果をつくっていると知ると勇気をもらえます。この格言からの学びと、ソーシャルビジネスコミュニティ『ワクセル』の主催者であり、最近ある起業の大株主となり投資家としても成果をつくられている嶋村吉洋氏からの学びを紹介していきます。
タイトルとURLをコピーしました