に投稿

孫正義

こんにちは
ちゃりです。

今日は、ソフトバンク株式会社の創業者、孫正義氏の格言を紹介します。

『一番難しい客は自分』

買収金額なんと約2兆円という世界で2位、日本史上最大となったボーダフォンとのM&Aを成し遂げた孫氏が語る、一番難しい客が「自分」とは一体どういうことなのでしょうか。
自分という客を味方につけるとどんな未来になるのか、一緒に考えていきましょう。

1、なぜ自分を説得するのが一番難しいのか?

ハーバード大学の研究結果によって次のことがわかりました。

1979年から10年間、ハーバード大学の教授が学生たちに目標を持っているかどうか質問すると、「目標を持っていてそれを紙に書いている」学生は全体のたった3%でした。

そして10年後、元学生たちについて再び調査したところ、目標を紙に書いていた3%の人たちの平均年収は、残りの97%の約10倍だったそうです。

私たちは目標をもつことにどんな印象を持つでしょうか?
追いかけられるもの、プレッシャー、面倒な数字でしょうか。
もしくは、前倒していくもの、モチベーション、大好きな数字でしょうか。

「自分の目標を決める前に、まずは会社の仕事をなんとかしないと」
と言っている人ほどあっという間に人生を終えてしまう、と孫氏は危惧します。

お金がもったいない、忙しい。

だからこそ志高く、自分の人生に対するビジョンを明確に決めて、今日から踏み出す。

ハーバード大学の研究と孫氏の言葉を受けて、自分を突き動かすことの大切さを痛感しました。

2、自身をコントロールできるようになったら

私が学んでいる経営者にこのように教えていただきました。
「ビジョンはポジティブに、計画はネガティブに、そして行動はポジティブに」

この言葉を受けて、いかに自分をコントロールするのができる人が少ないのかを体感しました。
現実を肯定したいがためについつい消極的なビジョンを描き、変化を嫌って楽な方へ流されてしまい、結果後悔することがありませんか?

自身をコントロールできるようになったらどう変われるのでしょうか。

多数派意見や楽なことよりも効果的なことを選び、体にいいものを食べ、心がワクワクするようなポジティブ情報を取り入れビジョンを描くでしょう、それが本当に自分の叶えたいビジョンならばプランAだけでなくプランB、C、D…と準備を重ねて何としてでも叶えるでしょう。

ですから、まずは真剣に自分の人生にとって何が最高でワクワクするビジョンなのか考えて行動に移すことを実践していきましょう。

さいごに

自分をコントロールしようと決めても、「まぁいっか」と「いつもの自分」が割り込んでくるかもしれません。
そんなときは「やると決めている人」を一緒にいることをオススメします。

以前、師匠に「決めている人」とはどんなの人ですか?と質問したことがあります。

決めている人とは、次の3つが当てはまる人
①すぐにやる
②なんでもやる
③できるまでやる

とてもシンプルで厳しい基準だと感じてしまいました。

そんな私の心を察したかのように、こう言っていただきました。

「そんなに難しいことじゃない、もしも親が倒れたら君のビジョンは「親を救うこと」そのためなら後回しにしたりしないし、救急車が来れなきゃ背負ってでも運ぶだろし最後まで諦めないだろう?
好きなゲームや漫画はあったら、寝る間も惜しんで早起きしてでもやったりするだろう」

私は緊急性が高いか、好きなことを最優先に置いていることに気付きました。

であれば、出ても出なくても変わらない会議や、誰にでもできる頼み事よりも、大好きでワクワクするようなビジョンを描いてしまえば、そのために今すぐに動きだし、どんな手を使ってでもやるし、諦めないでしょう。

改めて、自分がゆくゆくは向き合うべき重要な課題や、本当に実現したい状態を描き書いてまとめ、今すぐ行動にできる段階まで具体的な計画にしていきましょう。

に投稿

二宮尊徳

こんにちは
ちゃりです。

今日は、江戸時代後期に農村復興政策を指導した、二宮尊徳(金次郎)氏の格言を紹介します。

『商売をするときは、金を儲けようなどと考えずに、ひたすら商道の本意を勤めなさい。よく商人の本意を守って努力すれば財は求めなくても集まり、豊かになることは計り知れない』

この格言から共に学んでいきましょう。

1、人生は経営とチームビルディング

例え会社員であっても主婦であっても資本主義社会に生きる私たちは、みな経営者つまり商人ではないでしょうか。

なぜならば、学校卒業の進路、会社、パートナーを選んでいるのは自分であり「だれから学ぶのか」「なににお金を使うのか」「残しておくのか捨てるのか」などを選択し、人生の方向性を決めるは、他でもない私たちです。

会社で例えると、経営層がビジョンを掲げ、チームビルディングをして、仲間とともにビジョンを実現していきます。

私たちは1人1人が人生の経営者として人生のゴールを設定し、家庭・会社・友人というそれぞれの関係の中でチームビルディングをして、自分の理想の実現のため応援してくれる人達と関係づくりをしていくのだと思います。

2、商人の本意とは

二宮尊徳は、「誠実にして、はじめて禍を福に変えることができる。術策は役に立たない。」と言っています。
この言葉を借りるのであれば、商人の本意とは「求めている人に惜しみなく提供すること」だと、私は思います。

逆に、求めてないのに押し付けてしまえばクレームになったりキャンセルになってしまうでしょう。

例えば、お医者さんは薬を処方したり手術という価値を提供することができます。
しかし「お願いだからこの薬飲んでみてくれない?」とすり寄られたり、問診もなく「おはようございます、さぁ手術しましょう」と言われたら不安どころの話ではありませんよね?

なので「解決したいことがあるのか?」「時間やお金がどれぐらいかかるか伝わっているか?」などの確認を徹底します。

3、求めているものを知るには?

アパレルショップや家電量販店の接客担当がお客さんに対して「何をお求めですか?」と聞くとなにが起きるでしょうか?
お客さんの心中でこのような思考が回るでしょう。
(正直に言おうかな?でもお店の売れ残りをオススメされたら損しそうだな)
(お互い時間の無駄だから”大丈夫です”とか適当に返そう)
というように、質問をすれば答えが返ってくるとは限りません。

求めているものを知ることができれば、それを提供するだけでお客さんは喜んで買うでしょう。

あるときお世話になっている実業家の嶋村吉洋氏に「求めているものを知るには?」という質問をした際「チームビルディングをすればいいんだよ。人と出会い、知り、分かち合うことを続けていくなかで、目の前の人が何を求めているのか分かるようになってくる」と教えていただきました。

さいごに

二宮氏の言う「よく商人の本意を守って努力すれば財は求めなくても集まり、豊かになることは計り知れない。」という文は、私にとって「人と出会い、知り、求めているものを提供し続ければお金も仲間も集まり豊かになっていける」という一文に落とし込まれました。

人間関係は日常にありふれていますが、その一人ひとりとの関わりが人生に大きく影響すると気付かされる格言でした。

に投稿

ウォルト・ディズニー

こんにちは
ちゃりです。

今日は、ミッキーマウスの生みの親であり、ディズニーランドの創設者、ウォルト・ディズニー氏の格言を紹介します。

『単なる金儲けは昔から嫌いだ。何かをしたい、何かを作りたい、何かを始めたい、昔から金はそのために必要なものでしかなかった。』

たくさんのお金

皆さんは「儲ける」という言葉にどんな印象を受けますか?
悪いことでしょうか、良いことでしょうか、それともどちらでもいいと考えますか?

死して後も「お金を儲け続ける」ウォルト氏は金儲けが嫌いだと述べています。

事業を通じて夢を与えること、お金を儲けること。
一見、反対側にあるようにも思える、夢とお金。
私たちはどのように紐づけていけば良いのか、この格言から学んでいきましょう。

1、本当にお金がないのが理由で動けないのか?

考える女性

「1億円あったら何に使いたい?」

幼少期に友達同士でよくやっていたやりとりです。
「駄菓子屋さんを買い占めたい」「欲しいゲームを好きなだけ買いたい」
欲望のままに答えていたのを覚えていますし、今も同じような発想をしたりします(笑)
理想は「親孝行に旅行に連れていく」「友達全員におごる」「家族の幸せのため」「事業資金」など「もしもあったらなぁ」という前提で語ることが多いかもしれません。

では1億円は本当に手に入らないのでしょうか?

労働政策研究・研修機構が公表している「ユースフル労働統計2019」によると生涯賃金は男性で約2.7億円、女性で約2.2億円とされています。

これは税金の差し引きを含みませんが、本当にやりたいのであれば少なくとも1億円はあるということです。

2、理想から逆算して考える

本当は何にお金を使いたいのでしょうか?

私がお世話になっている事業家の方は、「お金はガソリン」と表現しています。
旅行に行くとして、行き先も車も最高だとしても、ガソリンが無くては車が動きません。
幸せになるための、やりたいことがあっても、お金がなくては叶いません。

この例えからわかるように、お金はゴールではなくエネルギーであるという結論に行きつきました。

本当の理想はなんですか?そのために必要な金額はいくらですか?それを稼げる仕事をしていますか?
これを改めて明確に決めていくことでお金は目的を阻む壁ではなく、目的に向かうための道具としてポジティブに捉えていけると思いました。

さいごに

メモを取る

1億円といわず10億円あったら、自分が何のためにお金を使いたいのか?
誰にどのように使うのが理想なのかを書き出してみることを教わりました。

家族、友人、次世代、海外、自分。
顔が思い浮かぶ相手ほど、明確に理想が描ける実感があります。

ぜひ時間を見つけてスマホではなく紙に書き出してみてください、すると脳が刺激されてドンドン湧き出てくると思います。
ぜひ試していただけたらなと思います。

【参考資料】
・ユースフル労働統計 2019 労働統計加工指標集
https://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/kako/2019/documents/useful2019_21_p314-358.pdf

に投稿

滝崎武光

こんにちは
ちゃりです。

今日は、キーエンス株式会社の創業者、滝崎武光氏の格言を紹介します。

顧客の欲しいというモノは創らない

この格言を聞いてどう思いましたか?

サービスや製品を提供する人間であれば、顧客のニーズにこたえることが一番重要だと考えるかと思います。しかし、キーエンスは「付加価値の創造」を重要と考え、顧客のニーズを超える製品を生み出しています。

「付加価値の創造」というのはたとえば、馬での移動が当たり前だった時代に「もっと早く移動したい」という顧客がいたとします。
顧客に欲しいものを聞くと「もっと速い馬」「馬の元気が出る飼料」などが出てくるでしょう。しかしここで顧客のニーズにそのまま応えるのではなく、「車を開発する」というような顧客も想像し得ない、今まで世の中になかった価値を生み出すことが重要だという意味だそうです。

1、滝崎氏を尊敬する嶋村吉洋氏も「相手のニーズ」を大切にしている

滝崎氏は米経済誌「フォーブス」の2020年版の日本人の長者番付で第3位、約2兆1990億円もの資産をもつ経営者です。滝崎氏はメディアに露出しない経営者としても有名です。実際2003年にメディアに出て以来、メディアには顔を出されていません。

嶋村氏もほとんどメディアに露出されておらず、その理由を尋ねると「そもそも目立つことに興味がない。滝崎氏を尊敬しているので真似をしている」とおっしゃっていました。

先ほどの『顧客の欲しいというモノは創らない』という格言からも嶋村氏は学ばれており、「相手の価値観、背景を知る努力をしなさい」と常々教わっています。尊敬する滝崎氏と同じように「相手のニーズ」を大切にされているのだなと感じました。

2、ラーメンが食べたい人にすぐラーメン屋を勧めてはいけない?

目の前にラーメンを食べたがっている人がいたとして、すぐ「〇〇というラーメン屋が美味しいから食べに行こうよ」と誘うのは、表面しか見ていない人です。なぜラーメンを食べたいのかを訊くことが、相手の理解に努めることになります。

「思い出のラーメン屋に立ち寄りたい」
「新発売のカップ麺を食べたい」
「まだみんなと一緒にいたくて、帰りたくない」

など、このように返ってきたらあなたはどう返事をしますか?

相手の言葉の背景を知ると、より相手のニーズが満たせる提案ができるのではないでしょうか。

3、相手の価値観、背景を大切にしよう

相手の表面的な発言や行動を鵜呑みにするのではなく、その背景にある相手の考えや気持ちを理解することがプライベートや仕事で重要だと嶋村氏は言います。

相手の本当に望んでいるものや状態がわかれば、最適な提案ができ、win-winの関係を築くことができそうですね。

に投稿

マーク・トウェイン

こんにちは
ちゃりです。

今日は日本の国語の教科書にも取り上げられることもある「トム・ソーヤの冒険」の著者であり、数々の名作を世に広めた作家マーク・トゥエイン氏の格言を紹介します。

19世紀のアメリカを代表する文学者であり、その自由奔放かつ正確な文章は後の作家に多大な影響を与えたともいわれています。

彼が語った格言の1つに、興味深いものがありました。

『自分が多数派の側にいると気づいたら、もう意見を変えてもいいころだ。』

みなさんは、多数派と聞いてどんな印象を持ちますか?
当たり前、みんなと同じで安心する人が多いのではないでしょうか。

私もそうでした。出来るのなら多数派の中にいたいと常に思っていました。
しかし嶋村氏の捉え方は全然違い、成功したり一流になりたいのなら少数派に行くべき、という教えでした。

「結果を創っている人は少数派」という捉え方になったことにより、周りの目を気にしなくなりましたし、自分の求めている成果のみ考え、行動できるようになりました。

では、少数派に行くために、多数派とは何なのかから、順を追って紹介していきたいと思います。

1、多数派はその場所・時代での常識にすぎない

多数派とは常識のことを指します。
では、そもそも常識どういうものなのでしょう??

私は当たり前・破ってはいけないものというイメージがありました。
実際に常識とは、その場での多数派意見なのだと教わりました。
そして、地域や時代によって変わります。

例えば、日本でも東京と大阪ではエスカレーターの乗る位置が違います。一夫多妻が財力の証として当たり前となっている国もあります。
時代でいうと日本でも、100年前までは側室が当たり前で一夫多妻だったのです。

なので、多数派はその場所や時代での常識にすぎないということを理解しておくこと、柔軟にモノゴトを見えるようになっていくのかと思います。

2、多数派が参加している=飽和状態である

多数派の方が参加しているビジネスや市場は、飽和状態とも言えるでしょう。
ほぼ全ての人がいいなと思っているということは、そこの市場は満タンになってる可能性が高いです。

例えば、100人が100人稼げる方法があるよと言われるとどうでしょう?
ありえないと思うのが普通ではないでしょうか。

もし、100人が100人稼げる方法で稼げたとしても、その額は雀の涙程度なのかと思います。
ということは、世の中の反応を見ることで、時代の流れを知る材料にすることが可能なのです。

3、少数派を目指す

多数派よりも少数派に入ることで、よりよい人生を送れるようになるのだと教わりました。
パレートの法則、または80:20の法則というものがあります。

全体の結果や数字の大部分は、20%の働きによってなりたっているというものです。仕事でも社会でも同じことがいえるそうです。

上位20%の働きにより、会社がなりたっています。
まずは、この20%に入ることを目指したいですね。

さらに、その中で20%に入ることで、業界で超一流という立場になれます。
少数派に入るということは、みんなと違うことをすることになります。

みんなと違うことをするので、誹謗中傷を受けることも時にはあるでしょう。
しかし、そこで折れないで一歩前に足を踏み出すことがより成功に近づくようになるのです。

さいごに

達成したいこと・叶えたい夢があるのならば、多数派ではなく、少数派に入ることをオススメします。
少数派に入る方が、周りの目を気にしないメンタルが鍛えられます。

メンタルが鍛えられた後に得られるものは非常に大きくなります。
世の中の一流の人は、全て少数派に位置しているのです。
この変化の激しい現代で生き抜くためにも、少数派に入る努力をすることをオススメします。

に投稿

ジョージ・バーナード・ショー

こんにちは
ちゃりです。

今日は劇作家のジョージ・バーナード・ショー氏の格言を紹介します。

イギリス近代演劇の確立者として精力的に作品を書き続け、94歳で没するまでに53本もの戯曲を残し「他に類を見ない風刺に満ち、理想性と人間性を描いた作品を送り出した」として1925年にノーベル文学賞を受賞している方です。

彼が語った格言の1つに興味深いものがありました。

『人生とは自分を見つけることではない。人生とは自分を創ることである。』

人生のあり方を説いた格言です。

昔、嶋村氏にこんな質問をされたことがあります。
「ちゃりってどうなりたいの?」

当時私は、会社のノルマを達成したいと話しました。
しかし、それは会社にとっての目標で、自分の夢や目標ではありませんでした。

それから、機会がある度にどうなりたいのか?と問い続けていただき、徐々に自分の創りたい人生がハッキリとしてきました。

大事なポイントは、出来るかできないかでなく、心からやりたいかどうかなのです。
自分の人生を創る上で、私が嶋村氏から教わった大事なポイントが2つあるので紹介します。

1、自分を知る

最初に、自分が本当にやりたいことは何なのか、書き出すといいと教えていただきました。
出来る出来ない関係なく、やりたいことを100個書いてみることがコツです。

例えば、もっと稼ぎたい、自由な時間が欲しい、一軒家が欲しい、宇宙にいきたい、など何でもいいので書き出しましょう。

なかなか書き出せないのなら、逆にやりたくないことを書いてることをオススメします。反転すればやりたいことになるため。

朝時間通りに起きたくないなら、職種や会社を変えるかもしれません。
電車に乗りたくないなら、近場の会社を選ぶことになるでしょう。

このように書き出していくと、自分がどんな人生を創っていきたいかが明確になります。
私も紙に書き出して、数カ月に1度見なおすことでブラッシュアップしています。

やりたいことを書く上で楽しむことが一番大事です。
こうなったらいいなとワクワクしながら書くと色んなことが出てきます。

2、教わる人を決める

やりたいことを書き出したら、それを実際に叶えている人に学ぶことが一番の近道だと教わりました。
稼ぎたいのなら稼いでいる人に、モテたいのならモテている人に、自由に生きたいのなら自由に生きている人に教えを請いましょう。

今では、インターネットやSNSが発達しているので、自分の理想を叶えている人を探すことができます。
意外と、友達の紹介で出会える可能性があるので聞いてみるのもいいでしょう。

そして、教わる人を決めたのならとことん食らいつくことが大事です。
というのも多くの人は、上辺だけ真似たり、色んな人から学んだりするので、判断基準が定まらずに迷ってしまうこともあるそうです。

なので、自分がこの人と決めた人に最後までついていくことが大事なのです。

さいごに

ワクワクすることは脳にも良い影響を与えるので、定期的にやりたいことの書出しを行うといいでしょう。そして、これからの人生を楽しむためにも、自分の理想を叶えている人を探し、指標にすることをオススメします。

に投稿

松下幸之助

こんにちは
ちゃりです。

今日はパナソニックの創業者である、松下幸之助氏の格言を紹介します。
みなさんは、周りと比べることはありますか?

多くの人は色んな人と自分を比べ、劣ってるや勝ってるなどしています。
というのも、小さいころから学校で周りと比べられるのが当たり前という環境に身をおいていたからです。

私も、常に周りと見比べて生活をしていました。
しかし、考え方を教わり意識して変えていくことで、今では周りの目を意識しないようになりました。

5人の仲間

【松下幸之助(パナソニックの創業者)】

『人と比較をして劣っているといっても、決して恥ずることではない。
けれども、去年の自分と今年の自分とを比較して、もしも今年が劣っているとしたら、それこそ恥ずべきことである。』

比較すべきなのは過去の自分である、という有名な格言です。
それぞれ得意不得意があるものなので、周りと比較しても誰の得にもならないので今すぐ辞めるべきなのです。

といっても、いきなりは難しいでしょう。
そこでオススメするのは、毎日何でもいいので行動することです。

例えば、本を10ページ読む、朝早く起きる、自分のスキルアップの勉強をする、何でもいいので毎日続けてみましょう。

そうすることで、1年前の自分とは確実に成長するはずです。
人生は自分との戦いでもあるので、日々成長していることが重要なのです。
もちろん人として成長が大事なので、変化を感じていないのなら行動を変えてみましょう。

その他にも色んな業種の人と出会うことがいいでしょう。
1人1人考え方や価値観は別物です。育ってきた環境や今いる場所によって大きく左右されるものです。多くの人に触れるということは、多くの価値観に触れることと同意です。

そうすることで、自分の思考が柔らかくなり、様々なことを受け入れるようにもなるので人としての器も広がっていきます。

ステップアップ