に投稿

マーク・トウェイン

こんにちは
ちゃりです。

今日は日本の国語の教科書にも取り上げられることもある「トム・ソーヤの冒険」の著者であり、数々の名作を世に広めた作家マーク・トゥエイン氏の格言を紹介します。

19世紀のアメリカを代表する文学者であり、その自由奔放かつ正確な文章は後の作家に多大な影響を与えたともいわれています。

彼が語った格言の1つに、興味深いものがありました。

『自分が多数派の側にいると気づいたら、もう意見を変えてもいいころだ。』

みなさんは、多数派と聞いてどんな印象を持ちますか?
当たり前、みんなと同じで安心する人が多いのではないでしょうか。

私もそうでした。出来るのなら多数派の中にいたいと常に思っていました。
しかし嶋村氏の捉え方は全然違い、成功したり一流になりたいのなら少数派に行くべき、という教えでした。

「結果を創っている人は少数派」という捉え方になったことにより、周りの目を気にしなくなりましたし、自分の求めている成果のみ考え、行動できるようになりました。

では、少数派に行くために、多数派とは何なのかから、順を追って紹介していきたいと思います。

1、多数派はその場所・時代での常識にすぎない

多数派とは常識のことを指します。
では、そもそも常識どういうものなのでしょう??

私は当たり前・破ってはいけないものというイメージがありました。
実際に常識とは、その場での多数派意見なのだと教わりました。
そして、地域や時代によって変わります。

例えば、日本でも東京と大阪ではエスカレーターの乗る位置が違います。一夫多妻が財力の証として当たり前となっている国もあります。
時代でいうと日本でも、100年前までは側室が当たり前で一夫多妻だったのです。

なので、多数派はその場所や時代での常識にすぎないということを理解しておくこと、柔軟にモノゴトを見えるようになっていくのかと思います。

2、多数派が参加している=飽和状態である

多数派の方が参加しているビジネスや市場は、飽和状態とも言えるでしょう。
ほぼ全ての人がいいなと思っているということは、そこの市場は満タンになってる可能性が高いです。

例えば、100人が100人稼げる方法があるよと言われるとどうでしょう?
ありえないと思うのが普通ではないでしょうか。

もし、100人が100人稼げる方法で稼げたとしても、その額は雀の涙程度なのかと思います。
ということは、世の中の反応を見ることで、時代の流れを知る材料にすることが可能なのです。

3、少数派を目指す

多数派よりも少数派に入ることで、よりよい人生を送れるようになるのだと教わりました。
パレートの法則、または80:20の法則というものがあります。

全体の結果や数字の大部分は、20%の働きによってなりたっているというものです。仕事でも社会でも同じことがいえるそうです。

上位20%の働きにより、会社がなりたっています。
まずは、この20%に入ることを目指したいですね。

さらに、その中で20%に入ることで、業界で超一流という立場になれます。
少数派に入るということは、みんなと違うことをすることになります。

みんなと違うことをするので、誹謗中傷を受けることも時にはあるでしょう。
しかし、そこで折れないで一歩前に足を踏み出すことがより成功に近づくようになるのです。

さいごに

達成したいこと・叶えたい夢があるのならば、多数派ではなく、少数派に入ることをオススメします。
少数派に入る方が、周りの目を気にしないメンタルが鍛えられます。

メンタルが鍛えられた後に得られるものは非常に大きくなります。
世の中の一流の人は、全て少数派に位置しているのです。
この変化の激しい現代で生き抜くためにも、少数派に入る努力をすることをオススメします。

に投稿

ジョージ・バーナード・ショー

こんにちは
ちゃりです。

今日は劇作家のジョージ・バーナード・ショー氏の格言を紹介します。

イギリス近代演劇の確立者として精力的に作品を書き続け、94歳で没するまでに53本もの戯曲を残し「他に類を見ない風刺に満ち、理想性と人間性を描いた作品を送り出した」として1925年にノーベル文学賞を受賞している方です。

彼が語った格言の1つに興味深いものがありました。

『人生とは自分を見つけることではない。人生とは自分を創ることである。』

人生のあり方を説いた格言です。

昔、嶋村氏にこんな質問をされたことがあります。
「ちゃりってどうなりたいの?」

当時私は、会社のノルマを達成したいと話しました。
しかし、それは会社にとっての目標で、自分の夢や目標ではありませんでした。

それから、機会がある度にどうなりたいのか?と問い続けていただき、徐々に自分の創りたい人生がハッキリとしてきました。

大事なポイントは、出来るかできないかでなく、心からやりたいかどうかなのです。
自分の人生を創る上で、私が嶋村氏から教わった大事なポイントが2つあるので紹介します。

1、自分を知る

最初に、自分が本当にやりたいことは何なのか、書き出すといいと教えていただきました。
出来る出来ない関係なく、やりたいことを100個書いてみることがコツです。

例えば、もっと稼ぎたい、自由な時間が欲しい、一軒家が欲しい、宇宙にいきたい、など何でもいいので書き出しましょう。

なかなか書き出せないのなら、逆にやりたくないことを書いてることをオススメします。反転すればやりたいことになるため。

朝時間通りに起きたくないなら、職種や会社を変えるかもしれません。
電車に乗りたくないなら、近場の会社を選ぶことになるでしょう。

このように書き出していくと、自分がどんな人生を創っていきたいかが明確になります。
私も紙に書き出して、数カ月に1度見なおすことでブラッシュアップしています。

やりたいことを書く上で楽しむことが一番大事です。
こうなったらいいなとワクワクしながら書くと色んなことが出てきます。

2、教わる人を決める

やりたいことを書き出したら、それを実際に叶えている人に学ぶことが一番の近道だと教わりました。
稼ぎたいのなら稼いでいる人に、モテたいのならモテている人に、自由に生きたいのなら自由に生きている人に教えを請いましょう。

今では、インターネットやSNSが発達しているので、自分の理想を叶えている人を探すことができます。
意外と、友達の紹介で出会える可能性があるので聞いてみるのもいいでしょう。

そして、教わる人を決めたのならとことん食らいつくことが大事です。
というのも多くの人は、上辺だけ真似たり、色んな人から学んだりするので、判断基準が定まらずに迷ってしまうこともあるそうです。

なので、自分がこの人と決めた人に最後までついていくことが大事なのです。

さいごに

ワクワクすることは脳にも良い影響を与えるので、定期的にやりたいことの書出しを行うといいでしょう。そして、これからの人生を楽しむためにも、自分の理想を叶えている人を探し、指標にすることをオススメします。

に投稿

松下幸之助

こんにちは
ちゃりです。

今日はパナソニックの創業者である、松下幸之助氏の格言を紹介します。
みなさんは、周りと比べることはありますか?

多くの人は色んな人と自分を比べ、劣ってるや勝ってるなどしています。
というのも、小さいころから学校で周りと比べられるのが当たり前という環境に身をおいていたからです。

私も、常に周りと見比べて生活をしていました。
しかし、考え方を教わり意識して変えていくことで、今では周りの目を意識しないようになりました。

5人の仲間

【松下幸之助(パナソニックの創業者)】

『人と比較をして劣っているといっても、決して恥ずることではない。
けれども、去年の自分と今年の自分とを比較して、もしも今年が劣っているとしたら、それこそ恥ずべきことである。』

比較すべきなのは過去の自分である、という有名な格言です。
それぞれ得意不得意があるものなので、周りと比較しても誰の得にもならないので今すぐ辞めるべきなのです。

といっても、いきなりは難しいでしょう。
そこでオススメするのは、毎日何でもいいので行動することです。

例えば、本を10ページ読む、朝早く起きる、自分のスキルアップの勉強をする、何でもいいので毎日続けてみましょう。

そうすることで、1年前の自分とは確実に成長するはずです。
人生は自分との戦いでもあるので、日々成長していることが重要なのです。
もちろん人として成長が大事なので、変化を感じていないのなら行動を変えてみましょう。

その他にも色んな業種の人と出会うことがいいでしょう。
1人1人考え方や価値観は別物です。育ってきた環境や今いる場所によって大きく左右されるものです。多くの人に触れるということは、多くの価値観に触れることと同意です。

そうすることで、自分の思考が柔らかくなり、様々なことを受け入れるようにもなるので人としての器も広がっていきます。

ステップアップ